人気ブログランキング |

Abendの憂我な部屋

abend.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 22日

コルグラスとドラックマンのレコード

 マイケル・コルグラスとジェイコブ・ドラックマン。どちらも、ピューリッツァ賞音楽部門を受賞した、現代アメリカの作曲家だ。初めて聴く。

 A面は、コルグラスの受賞作品である『パーカッション四重奏とオーケストラのためのデジャ・ヴ』。弱弦に乗せたビッグバンド・ジャズのような部分が印象的な、親しみやすい作品だ。ニューヨークPOの打楽器奏者のために作られたらしく、初演も同オケで行われているが、レコードはこのレナード・スラットキン/セント・ルイスSOによるものが世界初録音である。

 B面の一曲目は、ドラックマンの『オレオール』。聖者の頭上に輝く「後光」のことらしい。無調に近い曲だが、ジャズっぽいところも顔を覗かせる。宗教的なテーマの作品ながら、それが曲にどう込められているのかはよくわからない。これも、スラットキン/セント・ルイスSOの演奏だ。

 二曲目は、コルグラスの『ライト・スピリット』。フルート、ヴィオラ、パーカッション、ギターという、面白い編成での室内楽だ。『デジャ・ヴ』よりも無調に近いが、ラスト近くでギターが奏でるフラメンコ風のリズムが印象的である。指揮はキャサリン・コメットとあるから、女性指揮者のようだ。アメリカSOの指揮者だったらしい。

 久しぶりで現代音楽を聴いたが、パーカッションが活躍する一枚であった。

 三枚目の画像に作曲者が写っているが、左がドラックマン、右がコルグラスである。
c0240245_223275.jpg

c0240245_22324189.jpg

c0240245_22331389.jpg


by Abend5522 | 2013-10-22 22:35 | クラシック音楽