人気ブログランキング |

Abendの憂我な部屋

abend.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々の事( 23 )


2014年 01月 01日

元日

恭賀新年
c0240245_16381584.jpg


by Abend5522 | 2014-01-01 16:38 | 日々の事
2013年 03月 21日

筍の季節

 昨日、自転車で奈良へ行った息子が、小ぶりの筍を買って来た。
c0240245_21425064.jpg


 そこで、夕食は筍ご飯と若竹煮、それに肉じゃが。
c0240245_21464659.jpg

 肉じゃがの発祥をめぐって呉と舞鶴が対立していたが、どうなったのだろう。また、使う肉はこちらでは牛だが、関東などでは豚という。こういうのも面白い。
 

by Abend5522 | 2013-03-21 21:51 | 日々の事
2013年 03月 20日

雨のお彼岸

 息子が、朝から自転車で奈良へ行ったので、その帰りを待って、午後から妻と五条坂の大谷さんへ墓参をした。
c0240245_22465397.jpg

 雨の昼下がりなので、人もやや少なめ。人の多い所はあまり好きではないから、その方が風情を感じられる。
c0240245_2252586.jpg

c0240245_22535455.jpg

 花を買って、まずは母方の墓へ。上の画像の、更に奥の方にある。
 墓地は心が落ち着く。雨にけぶる山の風情は格別だ。下の画像は、清水さんの塔を望んだその一景。
c0240245_2322212.jpg

 墓地から戻り、親鸞の墓所の前に建つ明著堂に参る。ちょうど鐘楼が時を告げ、堂内では『正信偈』が読誦されていた。参拝者の供花で描かれた「西方浄土」の四字も、お盆やお彼岸などではおなじみのものだ。
 明著堂の近くにある戦没者記念堂に一礼し、父方の菩提寺の納骨壇がある第一無量寿堂へ行く。入口が6階になっているので、エレベーターで納骨壇のある3階まで降りる。6階のエレベーターの傍には古い木製のベビーベッドがあって、息子が乳児だった時にはそこでオムツをかえたものだ。

 帰りは四条まで歩き、裏寺町の柳小路にあるカレー専門店「マリーD」で遅い昼食をとり、アヴィスと十字屋三条本店でCDを買った。十字屋はリニューアルされており、ギターの売場が1階に移っていた。3階の管楽器売場まで上がり、バス・クラリネットなどを「へえ~」と思いながら見て歩いた後、2階のCD & DVD売場へ。クラシックとジャズが殆どを占めているのは変わらないが、クラシックの売場面積が狭くなったような気がした。LPも置かれていたが、以前に比して少なくなっていた。
 最後に、これも昨秋にリニューアルされたゼスト御池の地下街へ行ったが、相変わらず人が少ない。地下鉄で来る人々も、ここには寄らずに京極、寺町へと流れて行くのだろう。

by Abend5522 | 2013-03-20 23:41 | 日々の事
2013年 03月 11日

東日本大震災二年に際して

 近頃、対外的なニュースと対内的なそれがバランスを欠いているように感じる。国内にさしたる問題がないのであれば、それも当然だろう。しかし、テレビを見ていると地震情報がよく出る。それも、震度3~5というのが日常的に、様々な地方で発生している。

 クライスラーが中国、日本へ演奏旅行に出かける際、奥さんが「あなた、ね、よくおぼえておいてくださいよ。wたしたちは、これから匪賊と台風と地震の国を訪れるんですからね・・・・・・」(『レコード名演奏家全集5 器楽奏者』)と言ったという。実際に、クライスラーが来日した1923年の5月、夫妻は地震を体験している。そう、これからわずか4ヶ月後に発生した関東大震災の予兆地震をである。今年は、それから90年に当たる。

 90年前の外国人にも地震国として知られていた日本だが、政府も国民もその意識が薄かったことは、18年前の阪神淡路大震災で顕著になってしまった。そして、地震の上に大津波と原発事故を伴った東日本大震災は、地震国、島国である日本が、その国土上に多くの原発を保有する国であることを強く意識させ、今もさせている。

 今日、テレビは東日本大震災二年の特集に溢れている。当時の映像も多く映されている。しかし、原発のことが大きく抜け落ちている。まるで、それから国民の眼をそらさせるかのように。
 日航機墜落事故や阪神淡路大震災を描いたドラマが、再放送されているのはどういうことなのだろう。このどちらにも、原発は絡んでいない。まるで、それから国民の眼をそらせるかのように。

 東日本大震災の時は、大津波から車で避難しようとした人々が大渋滞を起こし、多くの死亡者を出した。しかし、昨年再び津波警報が発せられた時、徒歩で避難してくれというマスコミや警察の呼び掛けにもかかわらず、またもや多くの人々が車で避難し、大渋滞を起こした。これは、今日のワイド番組でやっていた内容である。そして、ここでも原発のことは抜け落ちていた。

 原発事故のことが抜け落ちた東日本大震災二年に際する「情報」とは、いったい何なのだろうか。

by Abend5522 | 2013-03-11 21:29 | 日々の事
2013年 02月 24日

祖父の命日

 2月は、5日が妻の誕生日、9日が父の命日、そして24日が父方の祖父の命日にして、今年はその33回忌である。国鉄の車掌であった祖父は、祖母を早くに亡くしたために福知山で一人暮らしをしていたが、我が家が下鴨に引越し、私が小学校へ入るとともに同居することとなった。以降、私が一人暮らしをするまでの15年間をともに過ごし、85歳で亡くなった。

c0240245_1916920.jpg

c0240245_19163963.jpg

 祖父の遺品。鉄道百年の記念メダルは間違いなくそうだろうが、スイスWATEX社製のポケット・ウォッチは違うだろう。裏に菊花と鳳凰が刻印されているこの時計は、昭和天皇の御結婚60年記念として1984年に発売されたものだ。祖父の死後のものなので、遺品ということはありえないのだが、記念として大切にしておきたいと思う。

 祖父は、自分が逝ってからわずか6年後の同じ2月に父がやって来て、さぞや驚いたことだろう。その父も、6年後には33回忌を迎えることとなる。

by Abend5522 | 2013-02-24 19:40 | 日々の事
2013年 02月 18日

一年御礼

c0240245_2212530.jpg

 ブログを立ち上げてから、今日で一年が経ちました。
 ご訪問いただいた皆様に、心より感謝申し上げます。
 今後も、宜しくご意見、ご教示を賜りたく お願い申し上げます。

c0240245_22164398.jpg

 ちょっとした縁があって、ヤマハのC2aを所有することになった。それはいいのだが、メンテナンスが必要なのだ。結構お金がかかりそうなので、当分はこの名機を充分に味わえそうもない。

 MCヘッドアンプを含むフォノイコが、100Ω以外はRチャンネルしか鳴らないのである。これは重症だ。100Ωだけ大丈夫というのも不気味だが、MCカートリッジはこれで何とかいける。STAXをPRE OUTに繋ぎ、試しにとて『ミサ・ソレムニス』のカラヤン盤をかけたところ、音の素晴らしさに全曲を聴いてしまった。

 CD-34をAUXに繋いでCDも試してみた。良好で、ラックスキットとは異なる味わいがあった。

 C2aを長く使われているsawyer様にアドヴァイスをいただければ幸いである。

by Abend5522 | 2013-02-18 22:40 | 日々の事
2013年 02月 09日

父の命日

 今日は、父の祥月命日である。小学校の校長であった父は、私が結婚してから4ヶ月後に、退職後の余生短く、孫の顔も見ることなく、62歳で亡くなった。今年で26年になる。後に、教育功労により叙勲された。
 時に雪の舞う中、妻と自転車で墓参に行って来た。

c0240245_18541644.jpg

c0240245_18554479.jpg

 父方の墓は福知山にあるのだが、五条坂の大谷さん、すなわち大谷本廟の無量寿堂に菩提寺の納骨壇があって、回忌以外はそこに参っている。母方の墓も本廟の墓地にあるので、一度に両方の墓参が出来るので便利だ。
 下の画像の、手前が親鸞の墓所の前にある明著堂で、その向こうにあるのが無量寿堂である。正確には寺院や団体名義の納骨を行っている第一無量寿堂で、個人名義で出来る第二無量寿堂は別にある。入口が6階になっていて、菩提寺の納骨壇は3階にある。エレベーターで降りるのだが、お盆やお彼岸の時は階段で降りる方が速い。
 ぎっしりと並んだ納骨壇は、扉を開けると自動的に点灯される。阿彌陀如来の絵像、キン、花筒、書見台に乗った過去帖が置かれている。祥月命日には、26年前に私が記した父の戒名、俗名、行年のある九日の頁を開ける。花を入れることはあまりしないが、拝んだ後の花は壇に残しておいてはいけないことになっている。役僧に読経してもらうことも出来るが、頼んだことはない。

 祥月命日は儒教由来のものだが、先祖や父母を供養すること自体が、そもそも佛教に由来するものではない。『歎異抄』の中で、親鸞は次のように言っている。

 「親鸞は父母の孝養のためとて、一返にても念仏申したること、 いまだ候はず。そのゆゑは、一切の有情はみなもつて世々生々の父 母兄弟なり。いづれもいづれも、この順次生に仏に成りてたすけ 候ふべきなり。わがちからにてはげむ善にても候はばこそ、念仏を 回向して父母をもたすけ候はめ」

 本願他力の思想では、父母の孝養のための念佛は「わがちからにてはげむ善」、すなわち自力による善行ということになり、本願他力とは主体が真逆になる。
 親鸞は、自分が死んだら賀茂川に捨てて魚の餌にせよと言ったが、彼の妻子は無論そうはしなかった。
  

by Abend5522 | 2013-02-09 20:14 | 日々の事
2013年 02月 07日

腕時計二つ

 腕時計は、その使い始めも今もシチズンのものである。

c0240245_18384369.jpg

 中学校の入学時に親から贈られたクリスタル7。21石の自動巻だ。土の粒が中に入り込んでしまっているが、今も動く。40数年経っていても、機械式の時計は丈夫だと感心する。

c0240245_18334861.jpg

 これは、現在使っているアテッサ。ソーラー式の電波時計だ。先日、急に止まってしまったが、曇天続きで蓄光不足となったためで、真上から2時間ほどライトを照らしてやると復活した。

 汗をかく季節になると、腕時計がはめられなくなる。ベルト・アレルギーが起こり、赤いポツポツが出来て痒くなるからだ。ステンレス・ベルトだけではなく、チタン、皮革、布のベルトでも起こるから困る。仕方がないのでポケットに入れているが、何とかならないものだろうか。

 

by Abend5522 | 2013-02-07 19:33 | 日々の事
2013年 02月 03日

節分

 節分の今日は出勤日で、仕事がのように容赦なく続いた。それを払うためではないが、帰りに円町のだるま寺へ行った。

 小さな門を入る。
c0240245_202621.jpg

 門に挿された昨年の縁起物。
c0240245_2074217.jpg

 本堂の庭もだるま越しに。
c0240245_2084187.jpg

 縁起物を求めた。三角形の包みは福豆。それに付いている福引をやったらスカで、福豆の上にある御縁達磨を貰った。中には五円玉が入っている。
c0240245_20122910.jpg


 吉田神社のだるまみくじと福豆。みくじは元日、福豆は昨日、息子が母と行って求めて来たものだ。
c0240245_20334831.jpg


 発祥は諸説あるが、恵方に向かって黙々と太巻をかぶる大阪の風習は、私も毎年やっている。今年の恵方は南南東。
c0240245_2041397.jpg


 だるま寺では祈祷が行われていた。人が多く、動画ではとりにくいので、画像(ブレているが)と音声でアップしてみた。1分半ぐらいだが、雰囲気が伝えられたらと思う。

 鬼を払う追儺に関しては述べたいこともあるが、今回はこれにて。



 

by Abend5522 | 2013-02-03 21:09 | 日々の事
2013年 01月 20日

常体と敬体および憤懣


 暫くの間、ブログを敬体で書いて来た。しかし、私にはやはり常体で書く方がいいようなので、そうすることにした。ご容赦を願う次第である。

 さて、タイトルに記した「憤懣」とは、YouTubeのブロックに対するそれである。
c0240245_17342016.jpg

 カンポーリ&プリッチャード/ロイヤルPOによるべトコンに対する警告画面。ドイツと日本でブロックされているらしいが、これは仕方がない。なぜドイツと日本でなのかは謎だが。

 憤懣を覚えたのは、「第三者が所有する音楽が含まれている可能性」の「詳細」部分だ。
 まずは、ロイヤルPOによるべトコン第1楽章を管理しているというIODAなる団体につき、次の三点が疑問である。
  1 ロイヤルPOは、カンポーリ&プリッチャードとしかべトコンを録音していないのか?
  2 この演奏での第1楽章だけを管理しているとはどういうことなのか?
  3 IODAなる団体に関して、少なくとも日本語による情報が見当たらない。

 次に、第3楽章だけを管理しているという天下のEMIだが、演奏者がパールマン&ジュリーニになっているではないか。カンポーリとパールマン、プリッチャードとジュリーニという、全く似ていないヴァイオリニストと指揮者が混同されるとは、自動認識装置(と思われるもの)の精度はどうなっているのか。
 EMIのレコード部門は、既にフランスに本社を置くユニヴァーサル・ミュージックによって買収されたはずである。しかし、フランスではブロックされていない。ならば、ユニヴァーサルの各国法人のうち、ドイツと日本のそれがブロックしているということになる。全くもって、わけがわからない。

 W.R.Cのレコードでは、先に『未完成』のサージェント/ロイヤルPO盤をアップしたが、これには何の警告も受けていない。憤懣だらけの摩訶不思議である。

by Abend5522 | 2013-01-20 18:17 | 日々の事