人気ブログランキング |

Abendの憂我な部屋

abend.exblog.jp
ブログトップ

2012年 07月 31日 ( 1 )


2012年 07月 31日

物憂さや 光も影も 切れ目なく

c0240245_23173850.jpg

c0240245_23261063.jpg

 「日もいと長きにつれづれなれば」(『源氏物語』 若紫)の光源氏ではないが、日だけは長いので、仕事帰りに京見峠の頂上目前まで行った。目前までというのは、ここで自転車のバッテリー残量が危うくなってしまったからだ。北山杉の木の間から、陽光が「あんた、早う往にや」と上から目線で哀れんでくれている。

 そんな陽も落ちて、ハリー・ローレンのアルバムを聴いた。レンタル店でジャケ買いならぬジャケ借りをした一枚。ジャズのコーナーを物色していて、キュート&セクシーなルックスだけで借りた。まさしく物色、いや色物か。

 ジャズに疎い私でも知っているナンバーが数曲入っている。『青い影』や『枯葉』とか(ジャズのナンバーとちゃうんちゃう?)、『サマー・タイム』、グランパ・エリオットがCMで歌っていた『The Dock of the Bay』、そして『Perhaps,Perhaps,Perhaps』(これ、ラテン・ナンバーの名曲『キサス、キサス・キサス』です)等、全17曲。

 ローレンは、声もキュート&セクシーだった。どのナンバーもスローなアレンジで、一本調子ともいえる歌い方だが、それが却って物憂さを相続させる。円山公園に桜が満開の時に行った、祇園切通しのBAR & JAZZ
『Birdland』で聴きたくなるような物憂さだ。行った時はちょうどウィーク・エンドで、グランド・ピアノでの生演奏を、ピアノを囲む席で聴きつつ、樽出しスコッチの原酒をストレートで堪能した。

 彼女と仲間たちの物憂い演奏は、あの北山杉を照らしていた陽光にも合うかも知れない。真夏の夕方の物憂さは、夜に至ってもその熱を残しているのだから。

 こんなことを、ふと思った。

by Abend5522 | 2012-07-31 00:34 | クラシック以外の音楽