Abendの憂我な部屋

abend.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 13日

謎のホルン奏者


 モーツァルトのホルン協奏曲は特に1番が好きだ。色々な録音を聴いて来たが、中学時代よりこの演奏が気に入っている。エルネスト・ミュールバッハ(Hr)、フランツ・バウアー=トイスル/ウィーン・フォルクスオパーO盤。

 フォルクスオパーは、リンデンベルクの指揮のベートーヴェンを一聴に供させていただいたが、ウィンナ・ワルツなどで知られるバウアー=トイスル指揮するこの演奏は如何だろうか。

 ここでのホルンは、「フレンチ・ホルン」と記されているデータもあるのだが、普通のホルンでないことはすぐにわかる。むしろ謎なのは吹いているミュールバッハで、この録音以外を私は知らない。外部からのソリストではなく、フォルクスオパーの主席ホルン奏者なのではなかろうか。

 

by Abend5522 | 2012-12-13 21:16 | クラシック音楽


<< レッパードを少し      二人のSir >>