人気ブログランキング |

Abendの憂我な部屋

abend.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 30日

侮り難き演奏


c0240245_014428.jpg

 アンチェル/チェコPOのチャイコフスキー/序曲『1812年』。
 合唱入り、大砲音ミックス、鐘乱打などの趣向で楽しませてくれる多くの演奏の中にあって、おそらくは最も地味な演奏なのだが、アンチェルの折り目正しい指揮とチェコPOの見事なアンサンブルは、この曲の標題性を無化してしまうほどの、一幅の墨絵の如き味わいがある。1965年の録音。

c0240245_0171091.jpg

 レッパード/BBCノーザンSOのドビュッシー/管弦楽のための「映像」。
 この演奏に、ドビュッシーの音の綾織はない。淡々と、スコアが演奏される。モンテヴェルディの校訂者にしてヘンデルの研究家であるレッパードが、イギリスのマイナー・オケを使ってドビュッシーをやる時、それはそれで感動的な「解体新書」となる。まだ聴いたことがないのだが、彼とこのオケにはマーラーの『大地の歌』もあって、そちらにも興味が湧く。1976年のライヴ録音。

c0240245_0375197.jpg

 スイトナー/SKDのストラヴィンスキー/『春の祭典』。
 録音が1962年だから、LGOとのハイドン/『軍隊』と同時期になる。1970年代に録音されたモーツァルトの交響曲などでスイトナーのイメージを形成した愛好者がこのハルサイを聴くと、荒ぶる彼を新鮮に感じることだろう。しかし、コンヴィチュニーが亡くなってから日も浅い時期に録音されたであろう『軍隊』には、荒ぶるスイトナーを随所に聴くことができる。発売時にカップリングされていたモーツァルトの25番の方は、この点でどうなのだろうか。

c0240245_1254783.jpg

 トスカニーニ/NBC SOのL.モーツァルト(CDの記載に従う)/おもちゃの交響曲。
 通俗名曲に対しても真っ向勝負のトスカニーニにとって、おもちゃはパートのひとつだ。可愛らしく演奏させたりはしない。その音は、幼児が聴いたら怖いと感じるかも知れない。ザッハリッヒに押しまくるおもちゃの交響曲には、独自の味わいがあっていい。1941年の録音。

 初めて聴いた演奏が、当該する楽曲のイメージを形成するのならば、これら4枚は「最初に聴いてはならない」ものといえるだろう。


 

by Abend5522 | 2012-11-30 01:46 | クラシック音楽


<< 諸行無常の風景      YANAHA A-5 >>