Abendの憂我な部屋

abend.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 22日

北「奇」行

 夕方に散髪の予約を入れたので、昼過ぎからそれまでの間、自転車で少し走って来た。
c0240245_19205358.jpg

 金閣寺の前から鏡石通を北へしばらく行くと「しょうざん 光悦芸術村」。鷹峯に広がる3万5千坪のレジャー施設で、日本庭園、結婚式場、プール、ボウリング場、料理屋などがある。鷹峯一帯は、本阿弥光悦が徳川家康から拝領し、美術工芸品の創造拠点とした場所である。これから秋が深まれば、この辺りは紅葉に充たされる。
c0240245_19372965.jpg

c0240245_193878.jpg

c0240245_19385661.jpg

 「しょうざん」の中から再び姿を現した紙屋川に沿って、鏡石通を更に北へ行くと、上の画像のように千束へ抜ける道に入る。気温は28度。京都の最高気温は今日も30度少しあったが、この辺りは涼しい。
 この道を抜けると、中の画像にある千束から鷹峯へ上がる激坂が東側に現れる。21%勾配のこの坂は、京都の自転車やバイク乗りの間では有名だ。私も何度か自転車を押して上がったことがあるが、短距離ながらもこの勾配なので、ここを一気に上がれる自転車乗りはいるのだろうか?上がって少し行けば、本阿弥光悦の住居がお寺になった光悦寺がある。
 激坂をパスして北へ行くと、すぐに下の画像にある千束の集落へ着く。画像の道標にあるとおり、ここから先は京見峠までの長坂越となる。京見峠からの旧道で、その名のとおり長い激坂が続く上に、途中には「熊出没注意」の看板などがある。どいういう所かと思われるかも知れないが、金閣寺の前から自転車でたった10数分の所である。長坂越は当然パスして、道を左に取る。
c0240245_2017533.jpg

c0240245_20184757.jpg

 少し行くと紙屋川に架かる小橋があり、そこから川沿いに少し北上すると、画像のような風景となる。透明度の高い川の水が涼しい。この道は自然歩道でもあるので、休日などはハイカーが多いが、車も通る。なぜ車が通るかといえば、ここから更に1kmほど行くと、箔や瑠璃、そして座卓の工房などがある集落があるからだ。そこからは、周山街道の中川に至る山道となる。
 小橋までもどり、緩やかな坂道を走る。「しょうざん」のゴルフクラブの前を過ぎて行くと、原谷の町へ入る。
c0240245_20393089.jpg

 原谷の中央交差点。左に行けば、これまた激坂の氷室道を下りて、立命の西園寺記念館の前に至る。この道を、市バスがここまで走っている。
c0240245_213243.jpg

c0240245_2145563.jpg

 原谷の南端に小高くなったところがあって、そこから上の画像のような石段を下るようになっていた。すぐに道へ出るだろうと思い、自転車を押して行くと、石段は延々と続いているではないか。仕方なく押して歩き続けると、やっと下の画像のところへ出た。ここは原谷から下りて来る氷室道のバス停がある場所で、早い話が原谷から石段で下りて来たわけだ。そして、そのためにチェーンが見事に外れていた。
c0240245_21204060.jpg

c0240245_21215959.jpg

c0240245_21225275.jpg

c0240245_2124539.jpg

c0240245_21244227.jpg

c0240245_21251668.jpg

 チェーンを掛け直し、すぐのところにある天龍神大神社へ行った。小さな境内は、池を回遊出来るようになっている。小さな祠が幾つもあり、中でも鯉、金魚などの供養塔があるのは水神たる龍神を祀るが所以だろう。少しぶれてしまったが、小さなお地蔵さんも可愛らしい。
 この辺りは、不思議之谷不思議不動尊が広い敷地を占めているが、参るにはしんどい坂の上にあるので、今日のところは遠慮しておいた。

 

 

by Abend5522 | 2012-09-22 21:40 | 京都


<< 見た目は何だが      めぐり逢う膀胱結石手術図 >>