Abendの憂我な部屋

abend.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 29日

♬ レーデルに聴く ♪

c0240245_21394256.jpg

 既に報ぜられているように、モーリス・アンドレが25日に亡くなった。彼がトランペットを吹いているJ.S.バッハの管弦楽組曲第3番を、リステンパルト/ザール室内Oとマゼール/ベルリン放送SOで聴いた。そして今日、漸く入手出来たレーデル盤が届いた。 トランペットが活躍する第3番、第4番、そして今では偽作とされている第5番が収録されているCD2から聴いた。

 アンドレのピッコロ・トランペットが華やぐ。オケも共に華やぐリステンパルト盤や、音の重いオケとのコントラストが鮮やかなマゼール盤とは違い、レーデル盤ではミュンヘン・プロ・アルテの一員であるが如く溶け込んでいる。1962年の録音なので、アンドレはまだ29という若さだ。レーデルとの共演で数々の名演を遺した、ヴァイオリンのバルヒェットが亡くなった年でもある。

 アンドレが吹いたトランペット協奏曲は、CDもレコードも持ってはいない。ポピュラー音楽での彼のトランペットも聴いたことがない。何故かは、自分でもわからない。ただ、私にとってのモーリス・アンドレは、中学時代からエラートのレコードで聴いて来た、合奏団と「協演」するトランペット吹きであった。
 

by Abend5522 | 2012-02-29 22:50 | クラシック音楽


<< ◆ ブログ連動企画第2弾 スト...      シヴァ神の運命 >>