人気ブログランキング |

Abendの憂我な部屋

abend.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 18日

♬ 生誕百年の ♪

c0240245_21552268.jpg

c0240245_18545773.jpg


 フェリックス・プロハスカである。今年の5月16日に生誕百年となる。VANGUARD音源の廉価レコードを聴いたことがある方にとっては、懐かしの指揮者であろう。

 画像の2枚には、J.S.バッハのカンタータの有名なナンバーが4曲収録されている。BWV140&4の盤はステレオ、BWV78&106のそれはモノラル録音である。オケとコーラスはともに小編成で、ウィーンの名手であるアントン・ハイラーが、通奏低音、オルガンを担当している。独唱は、モノラル盤の方にシュティッヒ=ランダル(S)、デルモータ(T)といった有名どころの名がある。

 プロハスカには、モーツァルト、シューベルト、ベートーヴェン、マーラーの録音もあるようだが、どれも未聴である。特に、べト5は是非聴いてみたい。上記のカンタータでもそうだが、プロハスカは機に応じて硬軟自在にオケを統率している。これは、ブランデンブルク協奏曲第5番のCDを聴いても思うところで、こういう指揮者によるべト5には興味津津なるものがある。

 2012年は、私にとって幾つかの節目の年である。先づ、今月に入って父の満25年の忌日を悼んだ。音楽では、何よりもフランツ・コンヴィチュニーの没後50年を迎える。佛教では、華厳思想の大成者たる賢首大師法蔵の1300年忌、親鸞の満750年忌に当たる。プロハスカの生誕百年もまた、節目のひとつである。

by Abend5522 | 2012-02-18 21:26 | クラシック音楽


<< ♬ サインはV ♪